【育児・子育て】あなた自身とお子さんを心から愛し、笑顔が絶えない家庭を築く方法

こどもと絵本はどうですか? 


絵本は、こどもたちばかりでなく、大人も夢や感動の世界へ誘ってくれます。
ご家族の方とこどもとがこの絵本の世界を共有して温かくふれあい、コミュニケーションをより深めることができたら素晴らしいと思います。
こどもはみな、本をひらいて抱っこで優しく話しかけてもらうのが大好きです。
しっかり心の栄養も与えてあげましょう。 

サイトマップ TOP > 2歳までの絵本 > かみしばい

わく わく わく




しんかんせんは はやい

脚本:中川 ひろたか  画:和歌山 静子   出版者:童心社

しんかんせんは「はやい」はやいは「つばめ」つばめは「くろい」くろいは「ピアノ」・・・・ことばをつないで楽しめる「ぐるぐる紙芝居」です。
どんどんことばの輪が広がっていきますね。

おようふくきようね

作:木曽 秀夫   出版者:教育画劇

たのしくおようふくきようね。
あたまをもぞもぞ、ワンワンみたい。おててをぐいぐいぞうさんみたい。
おようふくをきるのってステキなことね。

おおきく おおきく おおきくなあれ

作:まつい のりこ   出版者:童心社

小さな小さなブタが1匹。
みんなで「おおきく おおきく おおきくなあれ!」っていいてみて。
そしたら、ほら・・・。
小さな卵さんもケーキさんも、こんなに大きくなって・・・。
いろいろな楽しみ方のできる紙芝居です。

みんなでぽん!

作:まつい のりこ   出版者:童心社

大きな白い丸が1つ、みんなで「ぽん!」と手をたたくと、なかから小人が飛び出します。
つぎは何かな〜。
みんなの大好きなものが、どんどんでてきて・・・。
よかったね。
子供参加のたのしい紙芝居です。

おさじさん

作:松谷 みよ子  画:瀬名 恵子   出版者:童心社

赤ちゃんが毎日目にする道具の「おさじさん」。
おいしいものをお口へ運ぶ「きしゃぽっぽっぽ」にみたてて、食べることを楽しくしてくれる紙芝居です。



トップページ
2歳までの絵本
リズムの絵本
あそび・うたの絵本
のりもの絵本
どうぶつの絵本
たべものの絵本
せいかつの絵本
おはなし絵本
かみしばい
3〜4歳向けの絵本 その1
               その2 
5〜6歳向けの絵本 その1
               その2
大人も楽しめる絵本
おうちの方へ読んでほしい本
リンクについて
リンク集






























こどもの国 こどもクリニック




こどもと絵本はどうですか? All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。