【育児・子育て】あなた自身とお子さんを心から愛し、笑顔が絶えない家庭を築く方法

こどもと絵本はどうですか? 


絵本は、こどもたちばかりでなく、大人も夢や感動の世界へ誘ってくれます。
ご家族の方とこどもとがこの絵本の世界を共有して温かくふれあい、コミュニケーションをより深めることができたら素晴らしいと思います。
こどもはみな、本をひらいて抱っこで優しく話しかけてもらうのが大好きです。
しっかり心の栄養も与えてあげましょう。 

サイトマップ TOP > 5〜6歳向け絵本 その2


この時期は身体的にも精神的にもぐんと成長し、自分と相手の立場の違いにも気がつくようになってきます。

かなり、長いおはなしでもじっと聞くことができるので、昔話絵本や障害をのりこえていくストーリー絵本などを読んで、相手の気持ちも理解できるようになったらうれしいですね。



お月さまってどんなあじ

作:マイケル=グレイニエツ
訳:いずみ ちほこ
出版者:セーラー出版

ポーランドの絵本です。
「お月さまをかじってみたい」と、かわいい動物が力を合わせて挑戦します。
お月さまをかじることができるでしょうか?

かっぱどっくり

文:萩坂 昇
絵:村上 豊
出版者:童心社

昔、ある川にいたずら好きなかっぱがおりました。
働き者のごんべえと馬のあおは、かっぱの悪だくみにまんまとのせられてしまいます。
妖怪の哀愁を帯びた民話絵本です。

かわいそうな ぞう

文:つちや ゆきお
絵:たけべ もといちろう
出版者:金の星社

爆弾が雨のように降ってきたあのときの日本。
上野動物園では多くの動物たちが次々に殺されていったのです。
いつまでも語り伝えたい本当にあった「かわいそうなぞう」の物語です。

がんばれゴロウ!

作:福田 岩緒
出版者:文研出版

犬のゴロウをしぶしぶ散歩に連れ出したたくや君。
年をとって歩くのがのろいゴロウをむりやり引っ張って散歩していると、大変なことに・・・。

きかんしゃ やえもん

作:阿川 弘之
絵:岡部 冬彦
出版者:岩波書店

長い間、働き続けたきかんしゃやえもん。
しかし、今ではもう用なし、お払い箱。
このきかんしゃやえもんは、生き延びることができるでしょうか?
人の生き方に迫る一冊です。

くまたくんのおるすばん

作:わたなべ しげお
絵:おおとも やすお
出版者:あかね書房

くまたくんが、お父さんと一緒にお留守番に挑戦します。
大好きなお母さんが、買い物に行っていないからです。
お留守番ができるかな?
お留守番に自身がつく一冊です。

げんきなマドレーヌ

作:ルドウィッヒ=ベーメルマンス
訳:瀬田 貞二
出版者:福音館書店

12人の女の子のとってもシャレたフランスのお話です。
その中で一番のおちびちゃんがとっても元気なマドレーヌ。
リズミカルな文章と重要文化財の挿絵が楽しみです。

サリーのこけももつみ

作:ロバート=マックロスキー
訳:石井 桃子
出版者:岩波書店

サリーはお母さんと一緒に、こけももを摘みに山に行きます。
途中でくまの親子と出会い、お話が急展開します。
自然というスケールの大きさを感じさせるアメリカのお話です。

じごくのそうべえ

作:たじま ゆきひこ
出版者:童心社

「とざい、とうざーい」軽業師のそうべえ達が地獄に送られ、閻魔大王の前で大暴れ。
地獄の鬼どもを笑い飛ばす痛快な一冊です。
田島征彦の力強い地獄絵も迫力満点です。

スーホの白い馬

再話:大塚 勇三
画:赤羽 末吉
出版者:福音館書店

大切な白馬を失ったスーホはその体で楽器を作りました。
モンゴル楽器「馬頭琴」にまつわる少年と白馬の物語です。
横長いっぱいに描かれたモンゴルの大草原が物語の臨場感を一層高めています。

だいくとおにろく

再話:松居 直
画:赤羽 末吉
出版者:福音館書店

急流に何とか橋をかけようと困っている大工の前に、大きな鬼が現れて言いました。
「目玉をよこせば代わりに橋をかけてやろう」さぁ困った!
大工はどうするのでしょうか?
恐ろしくてユーモラスな鬼の表情が面白い一冊です。

だってだってのおばあさん

作:さの ようこ
出版者:フレーベル館

「だって」が口癖の消極的なおばあさん。
99歳の誕生日にろうそくを99本用意するはずが・・・5本しかない!5歳?になったおばあさんはどうするのでしょう?
思わずくすっと笑ってしまうお話です。

たねからめがでて

作:かこ さとし
絵:若山 憲
出版者:童心社

種から芽が出て、茎が出て、次は何がでるのかな?
たんぽぽ、いね、すいか、かき、みな同じ植物の仲間であること、また人間と同じように植物も成長するということを教えてくれます。

ちいさいおうち

作:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版者:岩波書店

「ちいさいおうち」の周りでは、ゆっくりと、しかし確実に時が流れていきます。
季節の移り変わりをやわらかな色彩と言葉で感じることができる一方、破壊されていく自然や環境について、深く考えさせられる一冊です。

はがぬけたらどうするの?

文:セルビー=ビーラー
絵:ブライアン=カラス
訳:こだま ともこ
出版者:フレーベル館

乳歯が永久歯に変わるとき、抜けた歯をあなたはどうしますか?
世界中の子供たちが自分の国の歯が抜けた時の話を教えてくれる。
共通のテーマで外国の文化にふれあうことができる一冊です。

花さき山

作:斎藤 隆介
絵:滝平 二郎
出版者:岩崎書店

村の人間が誰かのために我慢してやさしいことをすると花が咲くという花さき山。
あなたの花も花さき山に咲いているでしょうか?
心に残る感動の名作絵本です。

100万回生きたねこ

作:佐野 洋子
出版者:講談社

100万回死んで100万回生きたねこ。
様々な人々に愛されましたが、ちっとも幸せではありません。
ある時、一匹の白い美しいねこに出会ったことから・・・。
幼児から大人まで年齢なりの読み方ができる絵本です。

まりーちゃんとひつじ

作:フランソワーズ
訳:与田 準一
出版者:岩波書店

まりーちゃんは、ひつじのぱたぽんに子供が産まれたら・・・。
と、どんどん夢が広がりますが、ぱたぽんの夢はいつも同じなのです。
本当の幸せとは何かを教えてくれる一冊です。

やまんばのにしき

文:まつたに みよこ
絵:せがわ やすお
出版者:ポプラ社

子供を産んだやまんばのいいつけで、村からもちを届けに行ったあかざばんばは、やまんばに21日間ここにいるように言われているのですが・・・。
秋田に伝わる、人間味豊かな民話絵本です。



トップページ
2歳までの絵本
リズムの絵本
あそび・うたの絵本
のりもの絵本
どうぶつの絵本
たべものの絵本
せいかつの絵本
おはなし絵本
かみしばい
3〜4歳向けの絵本 その1
               その2 
5〜6歳向けの絵本 その1
               その2
大人も楽しめる絵本
おうちの方へ読んでほしい本
リンクについて
リンク集



































































































松本こどもクリニック




こどもと絵本はどうですか? All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。